生理中・妊娠中・産後のむくみ

女性の多くが悩んでいると言われるむくみですが、生理前や生理中のむくみはとてもつらいですよね。足を指で押しても戻らないひどいむくみだと洋服もきまらないしお出かけするのが嫌だなあ…なんて気持ちになってしまいますね。
女性は生活スタイルが変わればむくみの原因も変わってきます。
例えば出産後のむくみもひどいといいますが何故でしょうか?そんな女性特有のお悩みに回答しちゃいます!

生理前、妊娠、産後のむくみの原因は?
生理前や、生理中のむくみは生理前症候群と呼ばれるPMSの症状の一つです。
通常の時期のむくみとは違って全身のむくみやお腹のハリ、腹痛、イライラなどさまざまな不調が起きる時期でもあります。普段着れるお気に入りの服がキツく感じたり、せっかくダイエットしているのにお腹が出て嫌…。体重も増えた気がする。生理後には解消されるものがほとんどですが毎月って考えると本当に辛いですよね。
生理前や生理中のむくみやすい時期はリラックスする時間を作り、ゆっくりお風呂に入って音楽を聴いたり、体に負担がかからない程度の運動をすることで気持ちがリフレッシュされます。
また、妊娠中のむくみは、約30%の妊婦さんが経験するとされています。
つわりがひどく外に出られないので体力が低下してしまったり、お腹の中の赤ちゃんが大きくなってくることで圧迫されることによる血行不良から冷え性になりやすいとも言われています。
以前は産後のむくみだったのですが、現代は働いている妊婦さんが多いことや、冷え性で悩んでいる妊婦さんが多いことから妊娠中もむくみが起こりやすいとされています。
妊娠中は妊娠前と比較すると3割ほど血液の量が多くなっています。出産により大量の血液が出ることで体は水分が足りないと判断して体に水分をため込もうとします。
他にも授乳のためには水分をため込む必要があることや、妊婦さんは運動不足になりやすいことから代謝が下がることが原因です。
出産後すぐはまだまだ無理は出来ない時期ですのでリンパを流すかんたんなストレッチや塩分や糖分を控えた食事をこころがけましょう。

むくみには女性ホルモンが関係していた!?
生理前や生理中の足のむくみの原因は、女性の生理サイクルによるホルモンの影響です。
生理の約10日ぐらい前になると子宮の内膜を厚くし受精卵を着床させる働きのある黄体ホルモンが活発になり量が増えてきます。
この黄体ホルモンは水をため込む性質があるので特に心臓から一番離れている顔や脚にむくみがでやすくなってしまいます。水をため込むことで体にだるさがでてしまい、特に生理前は気持ちが不安定になりやすい時期なので、気持ちが落ち込むことで自律神経にも作用しさらにむくみを作りやすくしてしまいます。
また生理中は、黄体ホルモンは減るのですが女性ホルモンであるエストロゲンが減ってしまいエストロゲンは代謝を促す性質があるので代謝を下げてしまうのです。
ホルモンバランスで日常生活に支障をきたす場合は一度お医者さんに相談してみてもいかもしれません。

男性とくらべて女性がむくみやすいのは何故?
女性が男性と比較してもむくみやすいのは、筋肉量の違いです。
筋肉が少ないと下半身に溜まりがちな血液を戻すポンプの働きが弱くなってしまい、さらに代謝も悪くしてしまいます。筋肉は熱を作る働きもしているので筋肉がないと熱量も低下し、血行不良などが起きてしまします。
女性は男性に比べて脂肪が多いのでさらに悪循環なむくみを促してしまいます。


いかがでしたか?
女性の生活が多様化されたことで悩みの種類も変わってきています。
自分の体をいたわって大切にすることが何よりも効果的な美容法です。