夏なのにむくんでしまうのはなんで?夏のむくみのとりかた

夏は体を少し動かすだけで汗が大量に出て代謝の良い季節ですよね。
でもそんな夏なのにむくみができて足が辛いと嘆いている女性も少なくありません。

 

そんな夏のむくみが発生してしまう理由とむくみのとりかたについて紹介します。

 

夏のむくみは何でできる?

夏にむくみが発生してしまう主な原因は冷房による冷えが原因です。
夏の暑い季節はどうしても薄着になりがちですよね。そんな薄着なのに職場やデパートなどに入ると冷房がガンガンに効いています。この冷房の冷気や女性の大敵であるむくみを発生させてしまうんです。

 

足先が冷えると足のめぐりは一気に低下してしまいます。ましてや夏にヒートテックを着て仕事をしたりお出かけする人などいませんので、なおのこと冷えを悪化させてしまうんです。冷気は下に溜まるものなので、下に溜まった冷気の影響を直に受ける足だからこそ冷えてむくみが発生してしまうんですね。

 

夏のむくみをとるにはどうしたらいいの?

夏の足のむくみをなくすには足を冷やさないことが大切です。
仕事柄座っていることが多い方はひざ掛けを用意して足を冷やさないように注意してください。また、座っている方は冷えなくても血流が悪くなっているので、座りながら足の裏でゴルフボールなどをころころすると血流促進効果があり夏のむくみをとるのに役立ちます。

 

また、お出かけ時のデパートの中でむくみができてしまったら暑くて嫌かもしれませんが外に出て少し歩くことが有効です。冷房で冷えたからだが温まればむくみが自然ととれていきます。また、外に出たくないと言う方は階移動をエレベーターやエスカレーターではなく階段を使って行ってください。階段を上り下りする行動はむくみを解消するのにもってこいの運動となっていますので、少しむくんだなと思ったらなるべく階段を使った移動を行うことがおすすめです。

 

夏は足を露出する機会が増える時期です。朝は大丈夫だったのにデート中の夕方にむくみが出てきちゃった!ということが起きないように日ごろからむくみを作らない体作りをしておくことが大切です。

 

飲み会後の顔のむくみをなくす方法は?

飲み会の次の日って顔がパンパン!
こんな顔じゃ化粧も出来ないし出勤もしたくない!

 

なんてことありますよね。飲み会はむくみを発生させる原因しかないものです。飲み会のあとはしっかりとケアをしておかないとたいていむくんでしまいますので、簡単に飲み会後のむくみをなくす方法でむくみとさよならしましょう。

 

飲み会の後のむくみはなんで発生するの?

飲み会の後にむくみが発生するのは、飲み会で飲み食いする食べ物や飲み物に問題があります。
むくみの発生原因として塩分の摂りすぎが挙げられますが、なぜ塩分を摂りすぎるとむくみが発生するか知っていますか?塩分を摂りすぎると血液の中の塩分濃度が高くなります。血液中の塩分濃度が増加すると、体は血液中の塩分濃度を低くしようとして血液内の水分量を増やすんです。水分量の多くなった血液は普段よりも量が多くなっていると言うことになりますので、当然血管は限界まで広がります。広がって限界まで達した血管からは水分がにじみ出て皮膚の下に水分が溜まってむくみが発生するんです。

 

また、飲み会で摂取するアルコールにも同様のことが言えます。血中のアルコール濃度が高くなっても血液中の水分を使ってアルコール濃度を低くしようと体は必死に働きますのでむくみが発生するんですね。
飲み会では塩分の濃い食事をおつまみにしてお酒を飲むのでダブルパンチでむくみを発生させていると言うことです。

 

むくみ解消におすすめの方法って?

しらふのときならまだしも、飲んだあとに長時間の入浴やマッサージなんてやってられませんね。そんなときにはむくみ解消のサプリを使ってみてください。
むくみサプリにはカリウムという成分が豊富に含まれています。カリウムは血液中の塩分濃度の調節を行うミネラル分なので、塩分の濃い食事をした後にむくみサプリを飲むことで効率よく血中の塩分を排出してむくみを作らなくしてくれます。
むくみサプリを飲んだら後は水をたくさん飲むこと。むくみサプリは体の水分の代謝を助ける効果もあるので、たくさん水を飲んでもむくみになる心配はありません。むしろ水を飲まないとアルコールの分解が遅くなるのでアルコールが長時間残っているほうがむくみの原因になりかねません。

 

むくみサプリでアルコール分解のお手伝いはできませんが、むくみサプリを飲むことで飲み会の次の日に発生するむくみはなくせます。飲み会の後でもすっきりした顔で出勤したいですね。