立ち仕事・デスクワークのむくみと着圧ソックス

立ち仕事とデスクワークではむくみの原因に違いがあることをご存知でしたか?
ここでは立ち仕事でのむくみとデスクワークでのむくみについてと、むくみ解消グッズの着圧ソックスについてご説明します!

立ち仕事のむくみの原因
・筋肉疲労によって下肢静脈の循環が悪くなり体の水分代謝がうまくいかなると、むくみやだるさが出てきます。立ち仕事の場合、ずっと同じ姿勢で立ち続けているので重力の影響を受けやすく血液や
リンパの流れが悪く老廃物が溜まってしまいそのままにしていると下半身太りの原因となってしまいます。

座り仕事のむくみの原因
・同じ姿勢のまま長時間になってしまい、ふくらはぎの筋肉があまり使われずにリンパ液や血液の循環が悪くなってしまいます。ふくらはぎは第二の心臓と言われていて下半身の血液を心臓に送り返すポンプとしての機能をしています。足のふくらはぎがポンプの役割をしており本来ならむくむことはないのですが、筋肉量が少ないとうまく機能しなくなってしまい、むくみを促してしまいます。
座りっぱなしだと膝裏を圧迫し更に血流を悪くする原因となっています。

立ち仕事の解消法

・足の筋肉をつけましょう
・適度な水分を取り、意識的にカリウムの多い食事を摂取しましょう
・リンパの流れをよくするためにむくんだ足をそのままにしないでマッサージをしましょう
・姿勢よく立ちましょう。姿勢が悪いと余計な筋肉や関節に負担がかかってしまいます。
立ち仕事の方にお勧めなのは階段の上り下りです。
立ちっぱなしで足がむくんでいる時ほど、下肢に血液が溜まってしまい血液の循環が悪くなってしまうのです。気づいた時に足を片方前に出しアキレス腱やふくらはぎを伸ばすストレッチもお勧めです。

デスクワークの解消法

  ・意識的に立ちがったり、通勤で階段を使うなどふくらはぎの筋肉を使うように意識しましょう!
・適度な水分を取るようにしましょう。
デスクワークの人にお勧めなのはふくらはぎを鍛えるストレッチです。
足のつま先を床につけてかかとを上げたり下げたり繰り返してみてください。1日朝晩30回ずつ
試してみてください。足のふくらはぎが温かくなり血行が良くなるのを実感できます。
この運動を繰り返すとふくらはぎに筋肉がついて足がむくみにくくなります。

着圧ソックスのメリット・デメリットを理解しよう

適度な締め付け作用で滞りがちなリンパや血液の巡りをよくしてむくみを予防・解消する大変便利なグッツです。疲れて帰ってきた時も装着して寝るだけで朝にはすっきりしてむくみが取れているので、
愛用している方も多いのではないでしょうか?
着圧ソックスとは身に着ける際の足への圧力という意味です。もともとは病院で血栓の予防に使われていたものを一般向けに改良して販売されるようになりました。
一般的に足首は20〜30hPa、ふくらはぎが10〜20hPa、太ももは5〜15hPaくらいの圧力で
十分な効果が期待できます。
一見便利な着圧ソックスもメリット・デメリットをしっかり理解して使用することでより効果的に
使用することが出来ます。

◎メリット
・ただ履くだけで足のむくみを解消することができます
・何度も使用できてコストパフォーマンスがいいです。
・履いているだけで血液循環を促進・老廃物の除去をしてくれます。

◎デメリット
・通気性の問題でかぶれたり水虫の原因になってしまうこともあります。
・適切な圧力のものないと足以外のところがむくんでしまったり、血流が悪くなる原因になってしまいます。就寝時は足の血圧が下がるため20mmHg以下のやわかいフィット感のものがお勧めです。
着圧が強いものを就寝時につけてしまうと血行障害などを起こす危険もあります。
・つま先まで包み込んでしまうタイプの着圧によって巻き爪が悪化してしまうことがあります。

自分の用途にあった着圧ソックスを選んでむくみのない美脚を目指しましょう。